根菜新潟ピカリ産直市場「お冨さん」 野菜直送セレクト
金筋トマト,フルーツトマト,農園,甘い

新潟市北区産 金筋トマト

生産地:
新潟市北区
生産者:
曽我新一さん
 
出荷期間:3月〜5月

曽我農園,フルーツトマト,ミディトマト,金筋トマト
■生産者:曽我新一さん

お冨さんに枝豆、トマト、フルーツトマト、ミディトマト、ブロコリーなどを出荷している曽我さんは新潟市出身。東京農業大卒業後、アメリカ、セネガル、フランスなど数々の国へ渡る。帰国後、実家の「曽我農園」を営む傍ら、学校での食育活動にも勤しむ。2008年に「がちんこ農業生活」を出版。新聞や農業雑誌にコラム「ファーマーズハイ」を連載中。

曽我さんのフルーツトマトが地元でも評判が良くて、午前中で売り切れになってしまう時が多い人気物です。曽我新一さんのブログ:フリョウ ノウミン

 

■金筋〜トマトを「イジメル」

フルーツトマトは、水をやればやるほど、果実が膨らみますが、その分、水分が多くなり、味が薄くなっていきます。そこで、トマトの糖度を上げるには、水を極力与えず高糖度化させる栽培法があります。「トマトをギュッ」とさせた結果、余分の水分を含まずに、果肉の筋がくっきり映ってきたのです。

 

トマト,葉っぱかきこまめの葉かき作業
養分製造に必要な分だけ残して、余分の葉っぱを取る作業です。

こうして葉をかくと、収穫しやすくなるだけでなく、通気が良くなります。また、光も当たりやすくなるので色付きが早まります

天気が安定しない時の日照不足も気になりますので。陽が差したら、少しでも多くの光を浴びて美味しくなりますように


【注意】大変恐縮ですが、フルーツトマトは美味しいものをお届けするのに、生産者から入荷した当日の朝摘みトマトのみ発送させて頂きます。ご指定の届け日にご対応できない場合もございますので、ご了承ください(その場合はこちらからご連絡させていただきます。)