営業日カレンダー

2019年 01月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
土・日発送休業日
お冨さんの日、5Kg、10Kgのお米が10%OFF
2019年 02月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28   
土・日発送休業日
 


明治36年にフランスから新潟に伝わった西洋梨「ル レクチエ」は、今では県を代表する果物の一つとして人気を博しています。
出荷時期は11月下旬から約1ヵ月と短いため、「幻の西洋梨」としてお歳暮や贈答品としても喜ばれています。
ル レクチエの栽培に励む若い生産者のお二人に、栽培の苦労や今後の夢を語ってもらいました。

 



ル レクチェ生産者

小柳和輝さん
(ヤマヨ果樹園・新潟市南区)

伊丹芳彰さん
(伊丹果樹園・加茂市)



新潟を代表する産品

小柳 ヤマヨ果樹園がある南区大郷エリアは昔から「大郷梨」と呼ばれる梨の産地で、うちは約4万個のル レクチエを生産しています。
デリケートな果物なので栽培は大変ですが、「新潟の特産品」という武器は、県外の営業でも強みになりますね。
伊丹 うちの生産量も同じくらい。お客様から直接「おいしい」と言われると、やっぱりうれしいし、大変でもやりがいを感じています。
今日はヤマヨ果樹園さんの近郊の梨畑も外から見ましたが、農園によって剪定も全然違い、興味深いです。



追熟で甘みを引き出す

小柳 ヤマヨ果樹園がある南区大郷エリアは昔から「大郷梨」と呼ばれる梨の産地で、うちは約4万個のル レクチエを生産しています。
デリケートな果物なので栽培は大変ですが、「新潟の特産品」という武器は、県外の営業でも強みになりますね。
伊丹 うちの生産量も同じくらい。お客様から直接「おいしい」と言われると、やっぱりうれしいし、大変でもやりがいを感じています。
今日はヤマヨ果樹園さんの近郊の梨畑も外から見ましたが、農園によって剪定も全然違い、興味深いです。

小柳 実家の農園に勤めて9年ですが、技術はまだまだ。
栽培から販売まで行う親のすごさを実感します。
伊丹 うちはスパルタで、やり方を教えてはくれないんで(苦笑)
自分で先輩方の農場に聞きに行ったり勉強しに行っています。
小柳 関東での認知度は上がってきましたが、西の方はまだこれから。
今後もっと発信していきたいですね。

私たちが作りました!

生産者紹介